郵便局の学資保険

郵便局の学資保険

育英年金の付いた、郵便局の学資保険

学資保険,こども保険,教育ローン,

学資保険は郵便局・郵貯銀行でもやってます。

 

代表されるものは、郵便局の「かんぽ」(簡易保険)と呼ばれる保険だね。

 

この頃は、たくさん学資保険と呼ばれる保険があるが、かんぽは、信頼性と実績から、かなり根強い人気がある。

 

このかんぽの学資保険には2種類あって、教育資金の準備の「学資保険」と、育英年金保険も追加された「育英学資」とがあるんだ。

 

両方とも、15歳満期と18歳満期に祝い金を受け取ることができるが、中学・高校入学時にお祝い金を受け取れる「18歳満期生存保険金付」というのと、大学進学時と20歳に祝い金を受け取る「22歳満期生存保険金付」というのがある。

 

また、かんぽの学資保険の大きな特徴は、子どもが病気、ケガ、手術などした時のための様々な保障プランを付加することができることだ。

 

育英年金付きの育英学資なら、さらに保障面が充実する。

 

たとえば契約者に万一のことがあった場合でも、被保険者が基本保険金額の12%の育英年金を、毎年受け取ることができると言ったようなこともあるんだ。

 

もちろんデメリットもある。

 

かんぽの学資保険は、貯蓄性の面では、劣る。

 

これは保険の機能を充実させているからだ。

 

学資保険に、高い貯蓄性を求める場合、他の保険会社や、銀行などの金融商品の方が良いかも知れない。

 

けれど子どもが大きくなったときに、何が起こるかは、実は分かりっこない。

 

確かな保障を求めるなら、やはりかんぽの学資保険はおすすめなんだ。

 

また、契約者配当金というものもあって、これは経済情勢により増えたり減ったりするが、祝い金とは別に受け取ることができるボーナスのようなものだ。

 

学資保険に貯蓄性を求めるのか、それとも保険機能を求めるのか、何を求めるのかを考えた上で、郵便局の学資保険も、有力な選択肢の1つだ。

 



スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加