教育ローン、大比較!

教育ローンを比べてみよう

教育ローン,比較

今回は、教育ローン比較

 

教育ローンを考えるのなら、一番良いのはまず公的機関が扱う教育ローン

 

ただこちらは低金利だけに、融資条件に当てはまらなかったり、融資金額が足りないということもある。

 

公的機関教育ローンを押さえた上で、民間の教育ローンを比較検討しよう。

 

自分が普段使っているメインバンク、銀行や信用金庫、JAバンクなどでも扱っている。

 

また、会社で労働組合に加入しているのなら、労働金庫(ろうきん)の教育ローンも利用できる。

 

民間の教育ローンを比較検討するポイントは、もちろん、金利。

 

銀行など金融機関では、春の入学シーズンなどに金利優遇キャンペーンを行っている場合があるようだから、店頭やホームページなどで調べてみよう。

 



固定型金利か変動型金利か

また、金利は固定型金利にするか、変動型金利にするかで、返済額がかなり変わる。

 

可能であれば、今は金利が低いので、選ぶのなら固定型金利をおすすめする。

 

もちろん変動型金利は固定型金利よりも、多少低く設定してあるようだから、将来的に低金利が続くと予想するなら、コチラでも良い。

 

ただし金利はやっぱり少しは上がるだろう

 

返済を短期で終わらせることができれば変動金利でも良いのが、世の中の情勢で金利が高く変わってしまった時には返済額がかなり高くなることもあるので、固定型金利を選んでおいた方が、計画的ではある。

 

返済方法

さて、大抵の教育ローンは無担保型が多いが、別に不動産担保型の教育ローンもあるようだ。

 

不動産を担保にすることで、金利は低め。

 

限度額も高め。

 

しかし抵当権設定などの手続きに時間が掛かる。

 

だから早急に融資を受けたい方には、ちょっと不向きかも。

 

さて、教育ローンの返済方法には、在学中は金利返済のみで、元金の返済は卒業してからあとまで据え置くことができるものがほとんどだ。

 

在学中は親が金利を返済し、卒業後は本人が働いて元金を返済するというイメージなら、親も老後資金を手元に置いておける。

 

借入期間

教育ローンの最長借入期間はだいたい10年。

 

借入上限額は300万円程度までとなっている。

 

銀行系の教育ローンでは、繰上返済が可能な場合が多おう。

 

教育ローンを比較できるサイトもいくつかあり、一覧になっていて比較しやすい。

 

そのようなサイトを利用すると良いろう。

 

また、いくら借りて、返済を何年で終わらせるか、しっかり見通して計画を建てよう。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加