教育ローンとは

学資保険,こども保険,教育ローン,

教育にはお金がかかる。

 

それはわかっているんだけど、進学費用がまかないきれない。

 

そう言うときには、教育ローンを利用するしかないか。

 

できれば学資保険のようなものを、以前から積み立てておけば良かったんだけど。

 

ローンに頼るというのは、借金をするわけだから、多少後ろめたい気持ちもあるけれど、でも、それでも子どもに高等教育を受けさせてやりたいのも事実だ。

 

では実際にどういった人が教育ローンを利用しているんだろうか?国民生活金融公庫、いわゆる「国の教育ローン」の利用者のデータを見てみる。

 

現状では、もっとも利用者の多い教育ローンが国の教育ローンだろうから、教育ローン利用者の現状を知るには充分なデータかもしれない。

 



データによると、教育ローン利用者の最も一般的な様子はこんなふうだ。

 

  • 世帯の平均年収は約650万円(パート代も含む)。

     

  • 4人家族で子どもは2人。

     

  • 世帯主のお父さんの年齢は50歳。

     

  • 教育ローン利用目的は、大学進学費用。

     

4〜50代ではごく平均的な年収で、ごく一般的な家族構成の、極々普通の10000件以上のご家庭で利用されてるらしい。

 

もちろん教育ローンを使ったからといって、教育関連費用は家計で充分まかないきれているかといえば、そうでもなさそう。

 

外食や衣類の購入を抑えたり家族旅行を控えたり、そう言った工夫で何とか教育関連費用を捻出している家庭が6割以上。

 

もちろんお子さん自身にアルバイトをしてもらって、教育費をまかなっている家庭も半数近くある。

 

教育関連費用をまかなうというのは、どこの家庭でもかなり負担が大きく、教育ローンを使ったりして何とか切り抜けておうだ。

 

私が大学に行ってた頃は、こういう制度もなかなか利用できなかったし、親も実はお金を出す気がなかった。

 

だからかなりの難関大学に入ったというのに、お金がなくて、結局中退する事になってしまった。

 

それを考えると、公的・銀行系を問わず、教育ローンが利用できる今は、勉強したい子どもにとって良い時代かも知れないね。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加