子どもに投資すべきか、老後に取っておくべきか?

学資保険,こども保険,教育ローン,

子どもが大学へ進学するくらいの親御さんは、いわゆる「働き盛り」という年代が多いだろう。

 

仕事も忙しいだが、収入も実はピークに達している時期だ。

 

特に昨今は、大企業でもなければ、40代後半から50代で昇給はとっくに止まっているのも当たり前。

 

そろそろ老後のことについても考えないといけない時期かも。

 

もちろん、かわいい子どものためにと、大学進学時用に蓄えているお金もあるだろう。

 

教育ローン(借金)に頼らなくてもいおうに、コツコツ貯めてきたお金もあるだろう。

 

ところがそこで、考える。

 

年金が満額もらえるかどうか、というご時世だし、会社のために身を粉にして働いても、退職金は減る一方という有り様。

 

子どもの教育費より、自分の老後の方がかわいく思え出すのも、この時期かもしれない。

 



大学資金を現金でポーンと支払ってしまえば、親としての役目を果たした達成感はあるけれど、逃げたい気持ちも実はあるかも知れない。

 

なにしろ現金が手元にあるかどうかは、精神衛生上かなり違う。

 

私なんかもお金があるときとないときでは、気分がもう全く違う。

 

だからお金が手元にあるかないかは、かなり違う。

 

たとえ借金が山ほどあったとしても。

 

もちろん、現金で準備できるのだから、教育ローンなんかには頼らない方がイイ。

 

でもちょっと考慮の余地もある。

 

というのも、教育ローンというのは、実はかなり低金利のローンだということ。

 

老後に万が一、資金不足になってお金を借ろうと思っても、低金利で借りれるかどうか?だったら、ここは低金利の教育ローンを使おうという考えも浮かんでくる。

 

借金があっても、手元の現金は貴重だしね。

 

借金はたしかに避けた方がいいけど、貯金も大してないのに無理して現金を出してしまうのも、危ない。

 

ここは多少の利子を払っても、ローンを使っても良いかも。

 

一考の余地はあるね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加