教育ローン,返済方法,仕組み

大学で勉強するのには、お金がかかる。

 

たとえ学費免除になったとしても、やっぱり足りない。

 

そんな中で、少しでも学費を自分で稼ぎたい。

 

親のすねをかじりたくない!!そう考えていらっしゃる学生もいるだろう。

 

本業の勉強がおざなりになってしまっては本末転倒だが、授業料を何とかしようとバイトにばかり精を出すのも良くあること。

 

しかし残念ながら、お金はなかなか調達できない。

 

高い入学金を支払うほどバイト代を貯めている人はなかなかいないし、教育ローンだって親の名義でしか借りられない・。

 

そんな親思い(?)あるいは自立心旺盛な学生に、ぜひ検討していただきたい返済方法がいくつかある。

 

まずひとつ目は元金据置返済型のローン。

 

これは、在学中は、元金の返済を据置いて、利息部分のみの返済する方式。

 

卒業後、金融機関によっては成人後に、元金部分もあわせて返済していくという返済方法だ。

 

これなら在学期間中に、がむしゃらにバイトをしなくても、充分返済金を稼ぐことはできる。

 

そして卒業後は給料の一部から返済していくことができる。

 



学費の調達というのは、大変

でも、これは返済方法の一選択肢でしかない。

 

ほかの教育ローンと同じく、融資対象者は、実は保護者の方になってる。

 

はじめは殊勝にも親御さんに返済していても、そのうちうやむやにしてしまうなんてことも、結構あるかも知れない。

 

別の方法として、「親子リレー返済」という方法もあるらしい。

 

卒業して、安定した収入が得られるようになったら、教育ローンの名義を子ども名義に変更することができるというもの。

 

こうなると、子どもも自分の借金になるから、ナアナアになるのも多少防げるかも。

 

まあこれも、子どもの性格次第かも知れないけど。

 

在学中は、勉強や学生時代でしか体験できないことに精を出す。

 

それは金には替えられない大事な経験。

 

子どもが充実した学生生活を送ってくれることこそが何よりの親孝行かも知れない.だけど、負担できる範囲で学費を負担して、後年返済していけば、親のすねもかじらずにすむのも本当のところだろう。

 

まあ、学費の調達というのは、とにかく大変だ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加