学資保険のメリットは?

学資保険,こども保険,教育ローン,

子どもの教育資金のために貯蓄しておきたい!と考える事ってある。

 

でも目先のお金というのは、どうしても使ってしまいがち。

 

そう言うときに、強制的にお金を貯めて行くには、学資保険などがいいんだね。

 

今回は、学資保険のメリットについて考えてみる。

 

さて学資保険というのは、教育費の貯蓄を目的とした保険だ。

 

保険とは言いつつ、実は積立貯金だったりするが。

 

でも貯蓄だけなら、郵便局や銀行などでできる積立貯蓄と同じだ。

 

保険と言うからには、学資保険には貯蓄だけではなく、様々な特約があるわけだ。

 

ではどんな特約があるんだろうか?まず、契約者である親御さんが、もし死亡したり、高度障害になったりして働くことができなくなったりした場合の特約だ。

 

このような場合、それ以降の保険料を支払わなくても、給付金を受け取ることができるという仕組みだね。

 

万一の時があった場合こそ、子どもの将来の教育資金が心配だ。

 

この辺の手当があることが、積み立て貯蓄とは異なるところだ。

 

通常貯蓄では、積立は払い込みができなくなったところで、おしまいになってしまうが、学資保険は保険だ。

 

払い込んだ期間や保険料にかかわらず、一定額の給付金を受け取ることができる。

 

これはとても有り難い特約だ。

 

それから、子どもの医療保障を充実させる特約もある。

 

子どもが入院したり、手術が必要になってしまった場合、そして特定の病気にかかってしまった場合などに対し、一定の保障制度がある。

 

保障内容は、保険のひきうけ会社によって異なるが、貯蓄と保障がセットになっているのが、学資保険の特徴だ。

 

そして子どもが成長して、満期を迎えた場合、たとえ満期以前に死亡してしまった場合でも、満期金はそのまま支払われることが多いだ。

 

死亡保障のようなモノがある場合は、死亡時に受け取れる場合もある。

 



学資保険なら、学資が確実に貯められる

当たり前だけど、学資保険だと、確実に貯蓄できるということも、大きなメリットだろう。

 

学資保険は、普通は天引きされていくから、忘れていても確実に貯蓄ができていく。

 

貯金をするのはけっこう難しい人でも、これなら貯蓄が可能だろう。

 

それから、「契約者貸付制度」という制度も、学資保険の大きなメリットだ。

 

契約者貸付制度とは、保険会社からお金を借りることができる制度だ

 

限度額は、保険会社によっていろいろだが、たいていは解約返戻金の8割〜9割ほどだ。

 

普通、銀行などからお金を借りる場合、いろいろと面倒な手続きや審査が必要だが、この制度はそう言うことが必要ない。

 

まあそう言う手続きは、加入時にしているわけだし、お金を少なからず既にかけているわけだろうからね。

 

だから契約者貸付制度では、そのような面倒な手続きは一切なく、回数も制限されてわない。

 

また貸し付けを受けても、返済は、契約している保険の満期日までに返済を済ませば良いようだ。

 

この契約者貸付制度は、学資保険を利用している場合、覚えておいた方がいい制度だ。

 

加入者は保険を続けられるし、保険会社としても、一時的な金策で保険が解約されると、損だろうからね。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加