子ども医療保険は、シングルマザーに必要!

学資保険,こども保険,教育ローン,

子ども医療費に関しては、区市町村からの助成金が出る場合が増えてきた。

 

普通の健康保険に加入してさえすれば、何らかの補助は受けられるだろう。

 

また子どもの入院する確率も低いだろうから、子ども医療保険は、それほど重要ではないと考えられるかもしれない。

 

全ての家庭に、あてはまるのでもないだろう。

 

子どもの医療保険が必要な家庭とは、たとえばシングルマザーや、シングルファザーの家庭だ。

 

また夫婦共働きをしている家庭も、必要かも知れない。

 

というのも、子どもが病気やケガをしてしまった場合、家で看病したり病院で付き添ったりすることのできる人がいないと、非常に困るからだ。

 

こういう場合は、子どもの医療保険が実は力を発揮するのだ。

 

もし自分の子どもが病気やケガをした場合に、親としては、付き添っていてやりたいだろう。

 

でもそれをするには、仕事を休まなくてはならない。

 

有給休暇があるような仕事なら、これを使って休むこともできる。

 

が、入院が長期にわたってしまった場合や、入退院を繰り返すようになってしまったら、そう言うわけにも行きない。

 

そうなってくると、収入減。

 

これではもうダブルショック・トリプルショックだ。

 

こういう場合に安心して看病できるよう金銭的な保証をしてくれるのが、実は子ども医療保険なのだ。

 

子ども医療保険は、大人の保険に比べて保険料が安く設定されている。

 

これは、同じ金額の給付金を受け取ることを考えると、かなりお得だ。

 

また、専業主婦がいる場合でも、子どもの医療保険が有用な場合もある。

 

1人の子どもが入院することによって、様々な影響が家庭の中に起こるから。

 

特に、兄弟が多い家庭では、ベビーシッターも必要になるかもしれない。

 

そのような緊急事態をも考えると、貯蓄型とか、掛け捨てとか、共済保険とか、比較的保険料の安い子ども保険の加入も、考えてみて良いかもしれない。

 



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加