子どもの医療保険とは、

子どもの医療保険とは、

子どもが誕生したとき、うれしいのが半分、そして不安なのが半分なのが親の正直な気持ちだろう。

 

で、子どものための保険を考える人も多いはずだ。

 

子どものための保険といえば、将来の教育費の確保のための学資保険や、結婚資金を貯めるようなタイプの保険があるが、子どものケガや病気のための医療保険も実はあるんだ。

 

子どもを医療保険に加入させるには、親御さんがすでに入っている保険の家族特約として加入させる方法もあるが、それとは全く別に、子どもを被保険者として新しく子ども医療保険に加入する方法もあるんだ。

 

ただ子どもを被保険者として加入する場合は、子どもの数だけ保険に入る必要があるので、子どもの数が多い家庭では、ちょっと辛いだね。

 

こういう場合は家族特約として加入した方が良いだろう。

 

というのも家族特約として加入する場合は、子どもが何人いても保険料は同じか追加的な費用で済む場合が多いので。

 


子ども医療保険にも、いろいろある

それから子ども医療保険は、一生涯保障される「子ども終身保険」と一定期間に限定された「子ども定期保険」と、二つに分けられる。

 

定期保険は、終身保険よりも保険料は安めだ。

 

しかし子どもが将来、成人してから新たに保険に加入する事を考えると、子ども保険の期間が満期になったときに、成人用の保険に移行できるタイプの終身保険の方が保険料が、トータルでは安くなる傾向がある

 

また子どもへのプレゼントとして保険を考えるという家庭もあるようだ。

 

子どもを終身保険に加入させておけば、一時的には子どもに文句を言われることもあるだろうが、将来いつの日か、子どもに感謝される時もくるかもしれない。

 

私なんか、保険どころか何にもない。

 

親がもう少しお金について考えてくれていればなあ、とよく思う。

 

まあ、そう言う親を持った子どもは、それが当たり前なので、感謝すらしないかも知れないが。

 

それから子どもの病気についてはあんまり心配していないが、ケガはやっぱり心配という人には、子どものケガのみ保障される、子ども傷害保険がと言ったモノもある。

 

男兄弟を持たない女親にとって、元気すぎる男の子というのは、信じられない生き物かも知れない。

 

あばれるわ、叫ぶは、攻撃的だわ、もうとんでもない。

 

子どもがスポーツを続けているような場合は、傷害保険や障害特約などに加入しておくことが必要だろう。

 

一度大けがなどをしていると、将来保険加入が必要になった場合に、過去のケガについて問われることもあるから、加入しやすい時に加入しておけば、将来役立つ時がくる。

 

子ども傷害保険は、子ども医療保険より保険料は安めに設定されているが、どちらを選ぶかは、慎重にいろいろ検討してみてみよう。

 

世の中何があるかわからないから、掛け金がお手頃なモノを選んでおこう。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加